• 3parの特徴とこれまでの経緯

    3parとは1999年に設立されたストレンジベンダーです。



    スケールアウトやリソースの有効利用などをキーテクノロジーとしており、世界で5000社以上の導入実績を誇っています。
    2002年にリリースしたユーティリティーストレージが大ヒットしたことで知名度が大幅に向上し、2003年の「シンプロビショニング」でその地位を確かなものにしました。

    2007年にはついにニューヨーク証券取引所であるNYSEにて株式公開を果たし、名実ともに世界的なストレンジベンダーとなりました。

    3parのユーティリティー・ストレージは高いアジリティを持っており、データセンターの仮想化に対し役立てられています。

    YOMIURI ONLINEの最新情報を掲載しました。

    また、フルメッシュ型のアーキテクチャーを採用することによって、ストレージリソースをシングルプール化し、一元で管理することを可能にしています。

    3parはシンプロビショニングを世界で初めて開発したことでも知られています。

    専用のASICがシンプロビショニングを担っているので、CPUのパフォーマンスに左右されることがありません。そのため、基本的にはほとんどのパソコンで使用でき、高速処理を実現しています。



    3parは現在HP社の傘下に入っており、そのストレージの中核となる役割を果たしています。

    大企業や大手クラウド事業者だけでなく、様々な業種で採用されています。費用もリーズナブルなので規模の小さい企業であっても利用しやすいです。